ゆーじ

海王丸ナンパストーリー その3 カラオケ編(最終)

投稿日:

どーも、アマチュアゆーじです~。
(o^∇^o)ノ

まずは
海王丸ナンパストーリー その1
海王丸ナンパストーリー その2
を読んで下さいね。その最終編です。

※ 登場人物のおさらい

及川光博
同級生のイメージ画像(及川光博と仮定)

川谷拓三
ゆーじのイメージ画像

21歳の及川光博とゆーじ、カラオケボックスに到着!(当時はカラオケボックスブームで、至る所に有りました。)

イケメンで話術に長けた及川光博は、話しの合った女の子Aと、カラオケも歌わずに既に盛り上がっている。
…対するゆーじ、残った女の子Bと必然的にツーショットになったものの、「沈黙の重たい空気」が漂っている…。
(;´Д`A ```

(カッコ内は、ゆーじの心の声)

女の子B : スポーツは何かやってる?(社交辞令)
ゆーじ : 運動音痴なんで、何もやってないです…。
女の子B : 趣味とかは有るの?(またまた社交辞令)
ゆーじ : 最近はプレイステーション(TVゲーム)で、戦国シュミレーションやってま~す!
女の子B : ………(無言)(オレ、また何かマズイ事言った?)

…しばらく沈黙が続く…。
対する及川光博、女の子Aとずっと盛り上がっている!(初対面の女の子と、よくもまぁあんなに話題が有るな…)

ゆーじ : オレ、歌ってくるね!(話題が無くて空気が重いから、歌うしかない…)
女の子B : …どうぞ…。

…こんな感じで、「沈黙」→「歌う」→「沈黙」→「歌う」の繰り返し…。
(T_T)

カラオケボックスに居たのは、2時間くらいだったと思う。(丸一日いたくらい、長く感じた…)
(@Д@;

結局、及川光博は女の子Aと話しっぱなしで一曲も歌わず!
対するゆーじ、10曲くらい歌って喉が枯れた…。(いつもの事だが、カラオケの経験値だけが上がった日だった…)

カラオケボックスの外に出て…こっそりと…
光博 : ゆーじ、俺は女の子Aと飲みに行ってくる♪別行動にしよう!オマエも女の子Bと決めろよ!(決めろって…何を?)

取り残された、ゆーじと女の子B…。
女の子B : 私…帰るね…。
ゆーじ : うん…今日はありがとう。(なぜか解放感♪)

帰り間際、振り向いてゆーじへ最後の一言!
女の子B : あなたってさぁ、カラオケの時だけ声がデカイのね!!
( ̄Д ̄;) ガーン

↓良かったら1日1クリックお願いします。
社交ダンス ブログランキング

-ゆーじ

Copyright© ダンススタジオ イチムラ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.