感心と感謝

夕方時間が有ったので何か作ってみようかな?なんて思い台所に立ってみた

嫁ちゃんの方がご飯作るの早いので何かしようと試みたが、人の仕事の続き程

やりにくいと思い食材だけ切っといた。

・・・1時間後・・・

「 ただいま~ 」  ガチャン・ごそごそごそ・トントントン

「 お帰り~ 」

・・・パタン・トントントントントン・ガシャ・チチチチッ・ボッ・

等と聞こえていき15分後テーブルに夕飯が並ぶという感じですかね?

・・・はっきり言って自分が手を出してはいけない領域ですね。

感心と感謝” への3件のコメント

  1. え~!!全部つくっといたら有里先生助かるんちゃう?家事に男の人の手を出しちゃいけない領域なんてないと思うけど・・あ、唯一あるのは乳児への授乳だけですよ。(男の人におっぱいないから)
    なんちゃって、まぁ女の人の方にも、ここは男の人に手出してもらいたくないっていう人おるからね。二人が良ければすべてよし。その家、その家でしょうし、その時、その時なんでしょうね。
    私は、自分の両親に困りました。それまで何でもしてくれる夫だったのに、3年間の同居でなんもせんお殿様にしちゃって・・ずっと同居じゃないのに無責任でした!!

      • ゆーじさんのおっしゃるとおり、苦しいことは二人だったら半分になるもんね!!
        どっちか一人ばっかり背負うことになると大変!!!
        先生、頑張って~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)