アメリカの首都は?

どーも、アマチュアゆーじです~。
ヽ(*^^*)ノ

20歳代の頃、「ノーマーク爆牌党」という麻雀マンガを読んでいたら、その年の「麻雀プロ認定試験」のテスト問題が載っていました。
「アメリカの首都は?」は、そのテスト問題の一つです。(簡単そうで、意外と引っ掛け問題ですよ…)
当時のゆーじ : 麻雀と全く関係ないじゃん!
(^▽^;)

麻雀界も、やっぱり「一般常識のある人」を求めているのでしょうね。どの業界も、昨日釈放された高畑裕太のような人はいらないでしょう。

実はゆーじは21歳の時、一度転職しています。
つぶれたから言えるのですが、一年間だけ今は無き「石川銀行」で働いていました。
決して予知能力が有るわけでもなく、ただ単に「他人のお金を預かるのが肌に合わない」という理由でした。

それで今の会社(イチムラスタジオの近くの商社)に入社するわけですが、今となっては「ゆーじはラッキー!」と思っています。

当時の人事担当と21歳の青年ゆーじの面接内容です。

人事担当 : 率直に聞こう!石川銀行では手取りでいくら貰ってるの?
ゆーじ : ○○万くらいです。
人事担当 : いや~最近、ようやく暖かくなって来たね~!(5月)
ゆーじ : そうですね…。

…この後、仕事と全く関係ない雑談が10分ほど続く…。

人事担当 : 帰っていいよ。
ゆーじ : えっ…?そ…それでは失礼します…。

会社の業務内容などを事前に予習して、万全の態勢で平日の午前中に高岡からはるばる金沢まで面接に来たのに、ペーパーテストもなく9:00~9:10までの雑談だけ…!

コネでもないので「絶対落ちた!」と思って、ヤケクソで夕方までパチンコ打ってました…。

帰宅してすぐに…
母ちゃん : ゆーじ、○○○という会社から午後1時頃に電話があって、「まだ帰って来てません」っ言ったら、「帰って来たら電話下さい」と言ってたよ!
ゆーじ : えっ?不採用なのに?
母ちゃん : 何で結果聞いてないのに決めつけるのよ!もう夕方!早く電話しなさいっ!

…今となって考えると、あの約10分間の雑談で、ゆーじの「一般常識」と「社会適応能力」を計っていたのだと思います。
(;^_^A

つい先日のパートナーとの雑談です。
ゆーじ : アメリカの首都は?
パートナー : ニューヨーク…いや違った、ワシント~ン♪
\(^▽^)/

↓良かったら1日1クリックお願いします。
社交ダンス ブログランキング

アメリカの首都は?” への4件のコメント

  1. この、 ” 物語 ” 風にすると話が面白くなるよね。

    例えば

    「 ゆーじは・・・ 」

    でなく

    「 青年は・・・ 」 に変えてみるとか

    「 石川銀行を・・・ 」

    から

    「 しがない銀行マンが職場を離れて、デザイナーとして

    ある会社の門をたたく・・・ 」

    とか、より物語風にするともっと面白くなると思います。

    ゴメンね、勝手なことを言って。

  2. ゆーじさん、無事に転職できて良かったですね!!
    昔、携帯電話がなかったころの懐かしい話ですよね。。。私の場合は23歳の時、転職しようとしたのに、転職先からの「合格」の電話を母ちゃんが勝手に「うちの子、今の仕事やめないと思いますよ。」って勝手に断ってた~(母ちゃんを恨みました)そのせいで、波瀾万丈の人生になった?いや、そこまではさすがに自分自身の責任でしょうけど、当時はさすがにショックでした。
    ゆーじさんのお母さんはいい人ですね。息子の意思を尊重してくださって。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)