市村幸一

緊張の中で・・・

投稿日:

昨日は高砂大学の一年に一回の発表会が金沢歌劇座で行われました。

おっさんのレッスンをしてるクラスも当然出演させて貰いました。

練習では絶対に間違えることも無い方でも、いざ本番となった時には中々上手く

行かない方も出てきて 「 本当に出演すると言う事は難しいなぁ 」 と強く

感じる舞台でありました。

かなりの高齢者のチーム編成でありますし、一週間に一時間という少ない

レッスンにも関わらず、おっさん的には 「 上出来 」 と思いました。

ただ、ドレスは少し大人しい感じがしましたが、まぁ、これからの課題になるだろうと

思います。

出演者の中には膝、腰、に支障がきたしてる方や、元気なんだけどもフラフラしてる

方たちもおります。

一番のネックは、一日に踊れる回数が決まってる、と言う事かな ?

連続で踊るとやはりきつくて、次の次の日に疲労がどっと来るらしくなんだか心配になります。

この ” 有限 ” と言う事はマイナスばかり目立ちますが、一回一回の集中が大事に

なってきますので、逆に集中力は付くと思います。

人間には気にして踊る項目は一つしかないと考えます。いくつも気にかけて踊っても

どれも出来ないもんで、一つのことですら・・・

僕達社交ダンス教師は、あれもこれもと注意しますが本当は一つの事を注意するほうが

早く上手に成るかもしれませんね、しかし習いに行く時には山ほど注意されますが・・・

何で、一つの事だけの注意が、早く上手になるのかはおっさんには分かりませんが

” テーマ ” が明確になるからなのか ?

まぁ、色々と言われるよりも、ただの一つだけに絞ってる方が単純ですからね。

「 他人に何でできないの ? 」 と言う前に 「 先生に言われてることが

俺には出来てるのかな ? 」 と、最近多く考えてしまう様になりましたね。

道半ば、がんばろ~ おれ

今日のBGMは ” 川井郁子 ” です

この方はバイオリン奏者です、例えば ” リベルタンゴ ” の曲を葉加瀬太郎に

弾かせると ” 荒々しい、激情した、激しい ” と言った感じになるが、

” 川井郁子 ” に弾かせると ” 繊細で、柔らかな中の、激情した ” と言う感じに

変化します。

これがこの方の持ち味なのかな・・・

お~し、今日も頑張るぞ~ !

-市村幸一

Copyright© ダンススタジオ イチムラ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.